ED治療と言いましてもいろいろな方法や個々人によってこうしたから治ったなどの意見や経験も違ってくると思います。これからED治療を始めていきたいという方に進め方を色々お教えしていきたいと考えています。

ED治療について説明する人たち

海外生まれのED治療薬は多量摂取を避ける工夫を

ED治療薬は海外産の医薬品です。新薬、ジェネリック医薬品共に欧米の企業またはアジアの製薬メーカーが提供する医薬品となり、国産の医薬品とは違う面があります。
国産の医薬品は副作用が小さく、その代わりとして得られるメリットも限定的です。
ローリスク・ローリターンなのが国産の大衆薬の特徴であり、安全性が担保されていますので、誰でも安心してすぐに服用出来ます。

一方で海外産のED治療薬などは副作用や禁止事項や注意書きが色々とあります。
まず副作用を内容をよく確認した上で、安全な場所と時間を見つけて正しく服用しましょう。
ED治療薬には消化不良、筋肉痛、赤面、のぼせ上がったような気持ち、動悸が発生する等の副作用が存在します。
更に併用してはいけない医薬品がいくつかありますので、別の病気でお薬を処方されている方は併用禁忌薬が無いか、前もって確認しなければいけません。
またED治療薬の成分によっては、食後や飲酒後に飲みますと成分が正しく体内に入り込まず、お薬の薬効が現れない事があります。
基本的にED治療薬は食事での利用が想定されていますので、国産の大衆薬とは違い、指定された服用タイミングを正しく守りましょう。

そして、海外産のED治療薬の大きな製品仕様として考えておきたいのが、元々の対象者です。
当然の事かもしれませんが海外産のED治療薬は、開発と製造された国の国民、いわゆる欧米の方々の肉体をベースに作られています。
筋肉質で背丈の大きい西洋人を想定して、一日の推奨量が決められていますので、彼らよりも身長と体重共に小さい日本人男性が同じ推奨量をそのまま飲んでしまうと、ルール通りに服用したにも関わらず実質的に多量摂取になる恐れがあります。
そのため、日本の専門家はED治療薬を日本人男性が飲む際は多量摂取を避けるためにと、半分に分割しての利用を推奨しています。